生前整理で業者に依頼するなら訪問見積もりが基本!その理由とは?

生前整理で業者に依頼するなら訪問見積もりが基本!その理由とは?

自分がいずれ死ぬことなど想像もしない人が非常に多いです。
しかし、生まれてきたからには必ず死を迎える瞬間がやってきます。
自分が亡き後は遺族は葬儀の段取りや遺品整理など奔走することになり、手を煩わせることになります。
そうしたことをしっかり把握して、自分でできるのであれば生前整理などをしておくことが遺族の為にも賢明です。
生前整理では単に破棄したり焼却処分するだけではありません。
もし資産的価値のある美術品や絵画、食器に宝石類、ブランド品や最新鋭の家電がある場合には、買取もしてもらえるので業者による訪問見積もりをしておくことも大事です。
報恩見積もりが大事なのは、業者によって買取額が全く異なるケースが見られるからです。
できるだけ高値で売り、後悔のないようにするには複数社の業者から訪問見積もりし、相見積もりをすること大事なのです。
一番高い査定額を提示した業者に依頼すれば、ほとんど生前整理で費用をかけずに整理することもできます。

生前整理を業者利用する際は見積書の内容を理解する

生前整理をする人は増えてきていますが、長年生活してきた中で整理する場合に物が多いからこそ自分で行うには難しい事も多いです。
そのため自分自身で行う事はせず、専門のプロの企業に依頼するという事もあります。
そんな時に大切なポイントとなるのが、生前整理を企業に依頼する場合は見積書の内容を理解するという点です。
見積書の内容には人件費だけでなく搬出作業や買取費用の他、移動に使用する車両使用料や廃棄物処理費用などが含まれる事が想定されます。
初めて利用するからこそ費用の内訳はあまり確認せず、すべて企業に丸投げでお願いするという人も多いです。
ただし思わぬ高額費用の請求に繋がる場合もあり、トラブルになる可能性もあります。
わからないからと諦めるのではなく、わからなければその部分をしっかり確認して理解するという事が大切です。
内訳などの詳細を自分自身で理解して利用することで、より安心してお願いする事が出来ます。

著者:小野幸

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
両親の生前整理を手伝えるように生前整理について調べ始めました。