生前整理を業者に依頼したいけど何かと心配?そんな方に業者選びの基本を紹介!

当サイトは生前整理を業者に依頼したいけど何かと心配、という人に知ってもらいたい業者選びの基本を紹介しています。
自分一人では整理できないけれど、どのようにして依頼する業者を選べば良いか分からない人におすすめです。
生前の整理で業者に依頼するなら、訪問見積もりが基本です。
その理由も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
整理の費用を安く抑えたいけれどサービスの品質が心配、という場合に役立つ優良な業者の見極め方にも触れています。

生前整理を業者に依頼したいけど何かと心配?そんな方に業者選びの基本を紹介!

死後のことを考えて生前整理するため業者に手伝いを頼みたいけれど、どのようにして業者選びをすれば良いか悩む人は多いのではないでしょうか。
そのようなときにまず基本となるのは、見積もりを複数の生前整理業者に依頼するということです。
そのうえで対応や費用を確認し、納得できる業者に依頼します。
また資格を持っているかどうかもチェックポイントの1つになります。
資格は必須ではありませんが、知識を持っているかの判断になるからです。

あらかじめ生前整理の進め方や全体の流れを知っておけば業者選びもスムーズ!

急に愛する家族が亡くなることがあります。
交通事故や自死、急病などで命を落とす人も珍しくありません。
家族の急な訃報は受け入れがたく、奈落の底に突き落とされるほどの深い悲しみでなにも手につかなくなります。
まして遺品の整理などどうすればわからず、遺族にとって非常に大きな負担となってしまうわけです。
そこである一定の年齢を過ぎたあたり、具体的には定年をめどに生前整理をある程度しておくことも大事です。
生前整理の流れや進め方のポイントは、まず預貯金や株式、土地の登記簿や宝石類をどのように遺族に遺産分割するか決めておくことが大事です。
これさえ生前に行い、公正証書で遺書を残しておけば、その後の整理は非常にスムーズです。
ある程度便利屋や買取業者に衣類やブランド品、貴金属を売却しておいたり、写真など遺族が困るものを自分で焼却処分しておくなどが非常に重要です。
業者選びは出来れば買取サービスが付帯している業者を選ぶことが大事です。
ほとんど費用をかけず生前整理をすることが出来ます。

片付け?リサイクル?買取?上手な業者選びのコツは自分が生前整理する目的を知ること!

人間の死はある日突然やってきます。
定年退職を迎え60歳を過ぎると、人間いつどうなるか誰にもわかりません。
そこでこうした時期を良いタイミングとして生前整理しておくのも賢明であるといえます。
きちんと生前整理しておけば、遺族に過度な負担をかけることもなくなります。
生前整理を段取りよく効率的に、的確に行うにはその目的を十分把握しておくことが大事でありコツといえます。
自分が所有する物が高価で資産的価値が高いものばかりであるのか、ほとんど人から見ればゴミ同然のものであるのか、再利用が出来る家電や衣類が多いのかなどしっかり見極めることが大事です。
自分の持ち物の把握をしっかりできていれば、整理を依頼する業者も必然とわかってきて、的確な業者に依頼できることになります。
ゴミ同然のものが多い場合には便利屋やごみ回収業者に、資産的価値が高い場合にはリサイクルショップや買取業者に依頼することになります。

業者に任せっぱなしで後悔しないために!生前整理で残すものを明確にして伝えておく

自分の物を生前の内に整理する方法として、生前整理は有効的な方法の1つです。
また最近では専門の業者も多くあるので、自分1人で行うのではなくプロの業者に依頼するという場合も増えてきています。
ただし依頼した業者によっても違いはありますが、必要な物まで捨てられてしまったりと後悔してしまう場合も多いです。
そのため生前整理を業者に依頼する際に、残すものなどしっかり明確にすることで後悔することなく整理する事が出来ます。
まず処分するかどうかというのは自分で判断する必要があるので、業者に依頼する際はその点をしっかり明確に依頼するという事が大切です。
曖昧のままだと処分対象となる場合が多いので、明確であれば的確に正しく整理してもらう事が出来ます。
どうしても判断が難しい物であれば、都度確認してもらうなど業者に処分する判断をゆだねないという事がポイントとなります。
正しく効率よく業者を連携して作業を進めることで、より納得できる整理に繋がります。

生前整理の詳細をノートにまとめる時のコツ

自分の持っている物を生きている内に整理する方法として、生前整理を行う人が増えてきています。
生きている内に整理することで自分で納得できるだけでなく、残された遺族への負担を減らせるのも大きな魅力の1つです。
実際に生前整理をする腕でノートにチェックリストを作るのがコツになりますが、リスト作りもポイントを把握しておくとより便利に活用することが出来ます。
リストを作る際は思いつくまま乱雑に作るのではなく、種類や分類毎に目録別に分けてリストを作成すると有効的です。
分類毎に分けられているからこそ探す手間なども掛からず、手順を追って整理を進める事が出来ます。
また必要な物と捨てる物とで分類わけすることで、チェックしながら着実に整理整頓する事が可能です。
物だけでなく不動産やデジタル系のデータの整理も含めて、リストがあるからこそ整理漏れを防ぐ事もできます。
生前整理は時間があるからいつでもできるではなく、少しずつでも進める事がポイントの1つです。

著者:小野幸

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
両親の生前整理を手伝えるように生前整理について調べ始めました。
横浜 生前整理